ダイヤの品質は…

婚約指輪のダイヤモンドの品質基準、4Cって何?人気のカットの種類と共に、ご紹介します。

4Cって何?ダイヤの品質基準は?

ダイヤの品質は、4Cと呼ばれる世界基準である、輝き・色合い・透明度・大きさから決められています。

Cut(カット)

ダイヤの輝きのこと。ダイヤの品質で最も重要視される項目です。

ダイヤの表面の研磨と形のバランスを評価しています。Excellent(最高級)からPoor(劣る)までの5段階。

Color(カラー)

ダイヤの色合いのこと。最もランクの高い無色透明Dから薄い黄色Zまでの23段階で評価されています。

最近ではピンクダイヤやブルーダイヤなどのカラーダイヤも、ファンシーカラーとして好まれつつあり、色が濃いものほど希少性が高く、高価です。

カラーのランク

  •  DEF…無色
  •  GHIJ…ほとんど無色
  •  KLM…ほんのわずかに黄色
  •  N~R…非常にうすい黄色
  •  S~Z…薄い黄色

Clarity(クラリティ―)

ダイヤの透明度の値こと。含まれている不純物や傷の有無で判断されます。

完全に傷のないFLから肉眼でも傷がわかるIまで11段階あり、10倍の顕微鏡を使用しないと傷がわからないSIレベル以上が人気です。

  • FL・IF  …10倍の顕微鏡でも無傷から微小な傷
  • VVS(1・2)…10倍の顕微鏡でも内包物の発見が困難
  • VS(1・2)…10倍の顕微鏡でも内包物の発見がやや困難
  • SI(1・2) …10倍の顕微鏡で見つけられる傷
  • I(1・2・3)…肉眼でも発見できる傷

 ※(1・2・3)は傷の大きさの違い

Carat(カラット)

ダイヤの重さの単位。1カラット(1ct)=0.2gです。カラットによってダイヤの直径も変わってくるので、カラット数が大きいほど、粒が大きくなり、高価になります。0.25~0.5カラットが主流で、0.3カラットが人気

ダイヤモンドの人気のカットの形は?

ダイヤモンドにも様々なカットの方法があります。人気のカットの種類を一挙ご紹介!

  • ラウンドブリリアンカット…中心から放射線状に輝く。ダイヤの美しさを最大限に活かす定番の形。4Cの基準の一つにも唯一入る、基本的に反射率の高い宝石に施されるカットです。
  • オーバルシェイプ…大きさをアピールできる楕円形が特徴です。存在感があるデザイン。輝きを最大限に活かすことができ、ラウンドブリリアントカットと並んでスタンダードなカットです。
  • ペアシェイプ…別名「ティアドロップ」。洋梨型で涙のしずくに見えるのが特徴です。このカットをするには、宝石にある程度の硬度や耐脆性が必要。
  • マーキースシェイプ…クラシカルかつ、上品で洗練された形。両端がとがった楕円型です。ペアシェイプ同様、宝石にある程度の硬度や耐脆性が必要。輝きを活かすブリリアンカットの変形で、実際のカラットより大きく見えます。
  • ハートシェイプハート型。愛をストレートに贈る婚約指輪にぴったり。通常は58面のカットが多いですが、65面でカットされています。
このサイトに掲載している内容は、私がインターネットでの検索をはじめゼクシィの結婚トレンド情報をもとに独自にまとめた内容です。婚約指輪の価格情報などは各ブランドに問い合わせてみてください。